2017年7月13日木曜日

《トスカ》キャスト・指揮者変更のお知らせ

《トスカ》にてトスカ役で出演予定でしたクリスティーヌ・オポライスが降板となりました。代わりに、ソニア・ヨンチェヴァ(Sonya Yoncheva)が代役を務めます。
また、指揮に予定されていたアンドリス・ネルソンスも降板となり、MET名誉音楽監督のジェイムズ・レヴァイン(James Levine)が代役を務めます。ご了承ください。


ソニア・ヨンチェヴァ(Sonya Yoncheva)プロフィール
清楚で美しい声と深い表現力、そして恵まれた美貌で現在、世界中で引っ張りだこのスターソプラノ。ブルガリア出身。パリ・オペラ座、ウィーン国立歌劇場など欧米各地で成功を収めており、METには2013年《リゴレット》のジルダを歌ってデビュー。ライブビューイングでは2015-16《オテロ》のデズデーモーナ役、2016-17《椿姫》のヴィオレッタ役で出演し絶賛された。




ジェイムズ・レヴァイン(James Levine) プロフィール
METの顔というべき名オペラ指揮者。1975年から40年の長きに渡り、音楽監督としてMETの黄金期を築いてきたが、2016年に退き名誉音楽監督となった。
《トスカ》は1971年の記念すべきMETでのデビュー以来、F・コレッリやP・ドミンゴなど伝説的歌手とタッグを組んできた演目。





2017年7月11日火曜日

2017-18 新シーズン・ラインナップ発表!

※日本上映の日程や劇場などの詳細は未定です。決定次第、後日公式HP、メルマガ、チラシ等にてお知らせいたします。












2017-18新シーズンのMETライブビューイング・ラインナップが決定!
《魔笛》《トスカ》などの人気演目に加え、待望の新演出、MET初演の話題作など心躍る多彩な10演目が登場!どうぞご期待ください!

2017年6月23日金曜日

東劇「アンコール2017」8/5(土)より上映!

また観たい、もっと観たい―メトロポリタン・オペラ
毎年恒例の夏の東劇アンコール上映の開催が決定いたしました!

今年のラインナップは、最新の2016-17シーズンと、
過去10シーズンの中から選りすぐりの人気作27演目をお届け!

アンコール上映を記念して、田代万里生さんによるトーク付き上映も開催♪

暑い夏こそ涼しい映画館でオペラの人気演目をイッキ見しませんか?
ご来場お待ちしております。



● 日程 : 8/5(土)~9/29(金)

 劇場 : 東劇
 (中央区築地4-1-1/地下鉄東銀座駅6番出口徒歩1分/TEL:03-3541-2711)

● 料金 : 当日 一般 3,100円(税込) / 学生 2,100円(税込) 
      
  ※《トリスタンとイゾルデ》と《パルシファル》のみ
        一般 4,600円(税込) / 学生  3,200円(税込)
 
       各作品の座席指定券は7/1(土)より東劇窓口・ホームページにて販売!

                  

● お得な特別鑑賞券4枚セット : 10,400円 (2,600円×4枚)(税込)



 ★《トリスタンとイゾルデ》と《パルシファル》にもご利用いただけます! 
 ※購入当日にはご利用いただけませんので、事前にお買い求めください。
 ※全席指定制のため、東劇窓口にて座席指定券にお引き換えください。
 ※東劇窓口、新宿ピカデリー、歌舞伎座、新橋演舞場にて販売中!
 ※ローソンチケット(l-tike.com)でも6/23
(土)~販売! 【Lコード:31758】 
   ローソン・ミニストップ店舗・Loppi直接購入


※なんばパークスシネマ・109シネマズHAT神戸・ミッドランドスクエアシネマ でもMETアンコール2017上映決定!
関西詳細はこちら名古屋詳細はこちら



♪ アンコール上映記念!田代万里生トークイベント ♪

舞台・ミュージカルで活躍中の
今をときめく俳優・テノール歌手の田代万里生さんが
NYでMETをご覧になったときの思い出や、
ご自身で《トゥーランドット》を演じた時のエピソードなど、オペラの魅力を語ります。

日時 : 9/11(月) 
18:30~ 
    プッチーニ《トゥーランドット》上映前


場所 : 東劇

登壇者 :田代万里生(俳優/テノール歌手)
      朝岡 聡 (フリーアナウンサー)


※トークショーは約30分の予定で、上映終了時間が遅くなる可能性がございます。
 尚、トークショーが中止になった場合も上映は行い、払戻しはいたしませんので、予めご了承ください。


METライブビューイング アンコール2017

人気演目27作一挙上映!!

全作品 【日本語字幕付き】※タイトル横の数字は、上映シーズンを表します。



~ヴェルディ~
《シモン・ボッカネグラ》09-10 上映時間:3時間28 
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジャンカルロ・デル・モナコ
出演:プラシド・ドミンゴ、エイドリアン・ピエチョンカ
8/9(水)~/8/11 (金・祝)-11:00  9/20(水)~9/22(金)-19:00 9/26(火)-15:00

《仮面舞踏会》12-13 上映時間:3時間34
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:デイヴィッド・アルデン
出演:マルセロ・アルヴァレス、ディミトリ・ホヴォロストフスキー
8/7(月)・8/8(火)-19:00  9/4(月)・9/5(火)-15:00  9/23(土・祝)-19:00

《アイーダ》12-13 上映時間:3時間44 
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:ソニヤ・フリゼル
出演:リュドミラ・モナスティルスカ、ロベルト・アラーニャ
8/7(月)・8/8(火)-15:00  8/31(木)・9/1(金)-14:30 
9/23(土・祝)-15:00

《ナブッコ》16-17 上映時間:3時間3 
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:エライジャ・モシンスキー
出演:プラシド・ドミンゴ、リュドミラ・モナスティルスカ
8/5(土)・8/6(日)-10:00  8/9(水)~ 8/11(金・祝)-15:00  
9/18(月・祝)・9/19(火)-11:00  9/26(火)-11:00

《椿姫》16-17 上映時間:2時間51 
指揮:二コラ・ルイゾッティ 演出:ヴィリー・デッカー 
出演:ソニア・ヨンチェヴァ、マイケル・ファビアーノ
8/5(土)・ 8/6(日)-13:30  9/6(水)~9/8(金)-19:00 9/29(金)-11:00

~ロッシーニ~
《セヴィリャの理髪師》06-07 上映時間:3時間24分 
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:バートレット・シャー 
出演:ジョイス・ディドナート、フアン・ディエゴ・フローレス
8/12(土)・ 8/13(日)-18:30  9/4(月)・9/5(火)-11:00  9/25(月)-18:30

《オリー伯爵》10-11  上映時間:2時間56分 
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:バートレット・シャー
出演:フアン・ディエゴ・フローレス、ディアナ・ダムラウ
9/6 (水)~9/8(金)-15:00  9/24(日)-19:00

《湖上の美人》14-15 上映時間:3時間21分  
指揮:ミケーレ・マリオッティ 演出:ポール・カラン 
出演:ジョイス・ディドナート、フアン・ディエゴ・フローレス
9/4(月)・9/5(火)-19:00 9/20(水)~9/22(金)-15:00 9/25(月)-11:00

~ドニゼッティ~
《ランメルモールのルチア》08-09 上映時間:3時間45分 
指揮:マルコ・アルミリアート 演出:メアリー・ジマーマン
出演:アンナ・ネトレプコ、ピョートル・ベチャワ
8/14(月)~8/16(水)-18:00  9/2(土)・9/3(日)-19:00 
9/24(日)-10:30
 

《ロベルト・デヴェリュー》15-16 上映時間:3時間4
指揮:マウリツィオ・ベニーニ 演出:デイヴィッド・マクヴィカー 
出演:ソンドラ・ラドヴァノフスキー、エリーナ・ガランチャ
8/26(土)・8/27(日)-10:00  9/6(水)~9/8(金)-11:00 9/25(月)-15:00

~プッチーニ~
《トゥーランドット》09-10 上映時間:3時間4分 
指揮:アンドリス・ネルソンス 演出:フランコ・ゼフィレッリ 
出演:マリア・グレギーナ、マリーナ・ポプラフスカヤ
9/11(月)-18:30  9/11田代万里生によるトークイベント開催!
9/18(月・祝)・9/19(火)-14:30  9/23(土・祝)-11:00

《マノン・レスコー》15-16 上映時間:3時間16分 
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:リチャード・エア  
出演:クリスティーヌ・オポライス、ロベルト・アラーニャ
8/28(月)~8/30(水)-14:30 9/18(月・祝)・9/19(火)-18:30 
9/28(木)-19:00
                                                        
~ワーグナー~
《パルシファル》12-13 上映時間:5時間35
指揮:ダニエレ・ガッティ 演出:フランソワ・ジラール 
出演:ヨナス・カウフマン、カタリーナ・ダライマン
8/20(日)・ 8/22(火) ・8/24(木)-15:00  9/16(土)-17:00

《タンホイザー》15-16 上映時間:4時間32
指揮: ジェイムズ・レヴァイン 演出:オットー・シェンク
出演:ヨハン・ボータ、エヴァ=マリア・ヴェストブルック
8/7(月)・8/8(火)-10:00 8/19(土)・ 8/23(水)-15:00 9/17(日)-11:00

《トリスタンとイゾルデ》16-17 上映時間:5時間7分 
指揮:サイモン・ラトル 演出:マリウシュ・トレリンスキ 
出演:ニーナ・ステンメ、スチュアート・スケルトン
8/5(土)・8/6(日)-17:00  8/21(月)・8/25(金)-15:00  9/16(土)11:00

~モーツァルト~
《フィガロの結婚》14-15 上映時間:3時間36
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:リチャード・エア 
出演:イルダール・アブドラザコフ、マルリース・ペーターセン
 8/12(土)-14:30 8/26(土)・ 8/27(日)-18:30  9/29(金)-15:00

《ドン・ジョヴァンニ》16-17 上映時間:3時間31
指揮:ファビオ・ルイージ 演出:マイケル・グランデージ 
出演:サイモン・キーンリーサイド、ヒブラ・ゲルツマーヴァ
8/28(月)~8/30(水)-10:30 9/9(土)・ 9/10(日)-17:00  9/29(金)-19:00

《イドメネオ》16-17 上映時間:4時間25分 
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジャン=ピエール・ポネル 
出演:マシュー・ポレンザーニ、アリス・クート
9/9(土)~ 9/11(月)-11:00 9/27(水)-18:00

名古屋「アンコール2017」9/2(土)~ミッドランドスクエアシネマにて初上映!

ご好評につき、今年は愛知県・名古屋で「METライブビューイング アンコール上映」の開催が決定!

ミッドランドスクエアシネマでは9/2(土)~9/22(金)の3週間、豪華キャスト達で贈るMET人気演目を一挙に上映します!

東京・関西以外では【初のアンコール上映】となります!
METの人気演目をイッキに観れるチャンス☆映画館へぜひお越しください。
     


           
◆名古屋アンコール上映◆

●上映日程・劇場:
9/2(土)~9/22(金)
名古屋市中村区名駅四丁目7番1号 ミッドランドスクエア5階/052-527-8808
 

料金:
当日 一般 3,100円(税込)/学生 2,100円(税込)
※各作品の座席指定券発売日は、各劇場へお問い合わせください。
  セット券の販売はございません。

★リピーター割引
劇場窓口購入に限り、METライブビューイングアンコール2017鑑賞済み座席指定券半券提示で300円割引。半券1枚につきおひとり様1回限り有効。
※ネット販売は対象外。 ※学生料金は対象外。※劇場が異なると利用できない場合がございます。

関西「アンコール2017」9/2(土)~なんばパークスシネマ&109シネマズHAT神戸にて上映!

ご好評につき、今年も関西「METライブビューイング アンコール上映」の開催が決定!

なんばパークスシネマ、109シネマズHAT神戸では9/2(土)~9/29(金)の4週間、豪華キャスト達で贈るMET人気演目を一挙に上映します!

世界最高峰のメトロポリタン・オペラで残暑を忘れる!
映画館へぜひお越しください。


       


◆関西アンコール上映◆

●上映日程・劇場:
9/2(土)~9/29(金)
南海電鉄・なんば駅中央口・南口直結/06-6643-3215
 
109シネマズHAT神戸
(阪神本線・岩屋駅より徒歩8分/0570-011-109)

料金:
当日 一般 3,100円(税込)/学生 2,100円(税込)
※各作品の座席指定券発売日は、各劇場へお問い合わせください。
  セット券の販売はございません。

★リピーター割引
劇場窓口購入に限り、METライブビューイングアンコール2017鑑賞済み座席指定券半券提示で300円割引。半券1枚につきおひとり様1回限り有効。
※ネット販売は対象外。 ※学生料金は対象外。※劇場が異なると利用できない場合がございます。

2017年6月9日金曜日

METリンカーンセンター移転50周年記念ガラ&ディナー【現地レポート】

5月7日(日)、現地ニューヨークのメトロポリタン・オペラ(MET)にて、METリンカーンセンター移転50周年を祝うガラコンサートとアフターディナーパーティが華やかに開催されました。


ジェイムズ・レヴァインMET名誉音楽監督や、ヤニック・ネゼ=セガン次期音楽監督の指揮のもと、アンナ・ネトレプコやルネ・フレミング、エリーナ・ガランチャ、プラシド・ドミンゴ、そして急きょ出演した闘病中のディミトリ・ホヴォロストフスキーなど、METライブビューイングでもお馴染みの数十人におよぶスター歌手たちが次々と名アリアを披露する夢のようなガラコンサートが観客たちを魅了しました。

あっという間に過ぎた5時間にもおよぶ豪華なガラコンサートの後、出演したスター歌手たちや往年の名歌手たちも勢揃いしたアフターパーティがスタート!

METライブビューイングでもお馴染みのスター歌手に、日本のファンの皆様へメッセージをいただきました♪

2017年6月1日木曜日

《ばらの騎士》上映時間確定のご案内

6月10日(土)より公開のR・シュトラウス《ばらの騎士》の上映時間が約4時間24分(休憩2回)に確定いたしました。

詳しいタイムスケジュールはこちらです↓




何ごとにも『時』がある―ルネ・フレミング、エリーナ・ガランチャ最後の舞台!《ばらの騎士》みどころ

広瀬大介(音楽評論家)

この十数年来、「無人島に何を持っていきますか」という問いへの答えは、《ばらの騎士》の楽譜、と決めている。19世紀から20世紀にかけ、激動の時代を85年に渡って生き抜いたリヒャルト・シュトラウス(1864-1949)の最高傑作。それまでのオペラの歴史が培ってきた、あらゆる手法の集大成であり、20年以上この楽譜に付き合ってなお、新たな発見には事欠かない、汲めども尽きぬ泉のような音楽である。


 台本作家、フーゴー・フォン・ホフマンスタール(1874-1929)が舞台に設定したのは、華やかなりし18世紀のハプスブルク帝国。この作品の中でひときわ豊かな光彩を放っている元帥夫人マリー・テレーズは、夫・陸軍元帥の居ぬ間に、17歳の貴族の愛人、オクタヴィアンと情事に耽る。が、若い男と違い、女はそれが最初の恋でも、最後の恋でもないことを知っている。いたずらに時を重ね、自分は若さを失い、老いて行く。「何ごとにも、それを為す『時』というものがある」「ときどき自分は家中の時計を止めたくなる」と歌う元帥夫人。世の中に永遠不変のものなどない、という諦観と、その事実に心を引き裂かれて苦悶する気高い姿が、深いメッセージ性をもって、われわれの心に訴えかける。長く伝えられる名作には、ひとの精神的な成熟を促す力があるのだろう。

 田舎からやってきたオックス男爵の婚礼を仲立ちするため、オクタヴィアンは婚約の証としての「銀のばら」を届ける使者(この習慣自体は史実ではなく創作)として、ファニナル家の娘、ゾフィーのもとを訪れる。オックスの傍若無人な振る舞いにゾフィーは愛想を尽かし、オクタヴィアンは一芝居打ってオックスとゾフィーの婚約を破談へと持ち込む。そして、元帥夫人は若い二人の新しい門出を、自らが身を引くことで祝福する。重要な場面にちりばめられた恋人のひたむきな二重唱、オックスの小粋なワルツ、そして若い二人と元帥夫人がそれぞれの想いを吐露する三重唱、いずれをとっても、聴くものの胸を打たずにはおかない。


 ロバート・カーセンの演出では、同じハプスブルク帝国でも、18世紀ではなく、20世紀初頭、さしものハプスブルク帝国が滅びようとする第1次世界大戦前夜に 舞台が移される。第1幕は喪われゆく伝統、第2幕は武器売買で儲けた新興貴族の現代建築、第3幕は爛熟した世紀末、これらが作品に内包される『時』の移り変わりを見事に視覚化する。
長年この役を演じ、絶大な人気を誇るルネ・フレミング(元帥夫人)と、颯爽たるズボン役(女性が演じる男性)の第一人者エリーナ・ガランチャ(オクタヴィアン)のふたりは、この上演をもって同役から離れることを明言しており、上演史的にも貴重な舞台 。二人が、長年積み重ねてきた役への深い理解が演技の端々からこぼれ落ちるさまは説得力に富み、その毅然とした立ち居振る舞いには、METを埋め尽くした聴き手も喝采と涙を惜しまない。

好色というイメージで演じられてきたオックスに、ギュンター・グロイスベックは若々しく、精力的で、時代の流れに振り回される男、という新たな解釈 の可能性を与えた。ワーグナーやシュトラウスに精通したゼバスティアン・ヴァイグレは、METという空間にウィーンの『時』を現出させる。筆者自身も、無人島に持っていく想い出がまたひとつ増え、心が躍る。



(C)Ken Howard/Metropolitan Opera

2017年5月31日水曜日

《ばらの騎士》ニューヨーク現地評のご紹介



エリーナ・ガランチャの歌声はまさに、温かみのある黄金の歌声で恋に浮かれた多感な17歳の青年オクタヴィアンそのものだった。燃えるように激しく、時に陽気に、輝くように青年を歌い上げた。
—Washington Post


絶対に見逃せない『ばらの騎士』。ルネ・フレミングは未踏の高みに到達した。現代トップのソプラノ、フレミングが持ち役にしている元帥夫人役はオペラ界の中でも最も心を動かす役。その役を演じる彼女を観られる最後のチャンス。
—Huffington Post






フレミングは、気品に溢れた素晴らしい演唱に誇りを持つべきだろう。彼女にとって、そしてオペラ界にとって歴史に残るこの公演で、華麗な歌声を響き渡らせた。ガランチャのベルベットのような艶があり官能的な声は、オクタヴィアンに理想的だ。二度とお目にかかれない極上の公演。
甘い声のエリン・モーリーが演じたゾフィーは、とても愛らしかった。ギュンター・グロイスベックのがっしりとした歌唱と派手なジェスチャーの演技は、まさにオックス男爵役にふさわしい。指揮者のセバスティアン・ヴァイグレは気高い演奏をMETオケから引き出した。
—New York Times


フレミングは変わることがない美しさで、とらえがたい繊細な演技を披露し、深い愛情を描き出した。ガランチャの歌声は、若者らしい温かみで香り立つような響きに満ちていた。夢のような時が流れる
—Wall Street Journal


2017年5月29日月曜日

R・シュトラウス《ばらの騎士》視聴

第10作 R・シュトラウス《ばらの騎士》 新演出     ※4/18更新

上映期間:2017年6月10日(土)~6月16日(金)
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ 演出:ロバート・カーセン
出演:ルネ・フレミング(元師夫人)、エリーナ・ガランチャ(オクタヴィアン)、エリン・モーリー(ゾフィー)、ギュンター・グロイスベック(オックス男爵)、マシュー・ポレンザーニ(歌手)
MET上演日 2017年5月13日 上映時間:4時間24分(休憩2回)


第3幕<三重唱> ルネ・フレミング エリーナ・ガランチャ エリン・モーリー(リハーサルより)

第2幕<ばらの献呈> エリーナ・ガランチャ エリン・モーリー(リハーサルより)

第3幕<二重唱> エリーナ・ガランチャ エリン・モーリー(リハーサルより)

2017年5月28日日曜日

オペラ歌手・森谷真理さん登壇!《ばらの騎士》トーク付き上映会開催!

オペラ歌手・森谷真理さんによる

『ばらの騎士』トーク付き上映会!!


(C) Kristian Schuller/Metropolitan Opera
METライブビューイング2016-17のフィナーレを飾るのは、元帥夫人と年下の美青年との切ない恋を描いた、R・シュトラウスの最高傑作《ばらの騎士》。
元帥夫人に麗しきMETの名花ルネ・フレミング、彼女と熱い恋を燃え上がらせる年下の美青年に花形メゾ エリーナ・ガランチャと、最高の顔合わせが揃いました!

そして、今回は『ばらの騎士』の公開を記念し…

NY・メトロポリタン歌劇場(MET)にて《魔笛》夜の女王役で出演し、大成功を収めたオペラ歌手・森谷真理さんのトーク付き上映会を開催致します☆

7月には今回のMET公演と同じS・ヴァイグレが指揮する二期会《ばらの騎士》公演にて、元帥夫人役で出演が決定している森谷さん。日本人女性歌手としてMETの大舞台で大役を務める貴重な経験をされている森谷さんに、《ばらの騎士》の魅力や現地METに出演された際のお話などを存分に語っていただきます!


★☆★イベントの詳細はこちら↓です★☆★


森谷真理さん (C)武藤章

◆日時:2017612日(
  18:00~   
(R・シュトラウス《ばらの騎士》上映前)
※終了予定時刻は22:50頃を予定しております。

◆場所:東劇  Tel:03-3541-2711
  東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル3F

◆登壇者:
 オペラ歌手 森谷真理さん 
 音楽ジャーナリスト・評論家 
        林田直樹さん

◆料金:一般 3,600円(税込)
     学生 2,500(税込)
※全席指定制となります。
※お得な特別鑑賞券3枚セット、リピーター割引もご利用いただけます。
※特別興行につき、各種招待券、各種福利厚生券、株主招待券、割引クーポンはご利用いただけません。

【森谷真理さんプロフィール】
蔵野音楽大学声楽科卒業、同大学院声楽専攻主席卒業後、渡米しマネス音楽院プロフェッショナルコース修了。オーストリア・ウィーン在住。2006年、NYのメトロポリタン歌劇場(MET)の舞台を踏む。ジェイムズ・レヴァイン指揮、ジュリー・テイモア演出《魔笛》夜の女王役で出演し大成功を収めた。2017年7月には東京二期会公演《ばらの騎士》に元帥夫人役で出演予定。二期会会員。

●二期会《ばらの騎士》公演の詳細はこちら
http://www.nikikai.net/lineup/rosen2017/

2017年5月27日土曜日

MET関連講座が続々開講!

下記カルチャーセンターにて、METライブビューイング関連講座が開催されます。
受講すれば、METライブビューイングを見る楽しみが倍増すること間違いなし!
ぜひチェックしてみてください♪


《ばらの騎士》

2017年5月13日土曜日

ネトレプコ&マッテイで贈る、ロシア・オペラ最高人気の悲恋物語:《エフゲニー・オネーギン》みどころ

石戸谷結子(音楽評論家)


「ああ、幸せはすぐそばにあったのに・・」と、第3幕でタチヤーナとオネーギンは過ぎ去った苦い青春に想いを馳せる。すれ違ってしまった二人の愛。田舎地主の娘で内気な文学少女だったタチヤーナは、ある日都会的でニヒルな若者、オネーギンに一目惚れする。出逢ったその夜、タチヤーナは熱に浮かされたように、情熱的な恋文を書き、オネーギンに届ける。しかし、現れた彼が発した言葉は「情熱を抑える術を学びなさい」という冷たいものだった。年月が経ち、二人はサンクトペテルブルグの華やかな夜会で再会する。その時オネーギンが見たのは、人妻となり社交界の華と讃えられる洗練されたタチヤーナだった。後悔したオネーギンは、彼女に熱烈な恋文を送り、駆け落ちを迫る。第3幕の幕切れ、オネーギンへの想いを捨てきれないタチヤーナだが、断腸の思いである決断を下す。

2017年5月12日金曜日

《エフゲニー・オネーギン》上映時間確定のご案内

5月20日(土)より公開のチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》の上映時間が約3時間41分(休憩2回)に確定いたしました。

詳しいタイムスケジュールはこちらです↓

チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》視聴

第9作 チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》             ※4/14更新
  
上映期間:2017年5月20日(土)~5月26日(金)
指揮:ロビン・ティチアーティ 演出:デボラ・ワーナー
出演:アンナ・ネトレプコ(タチヤーナ)、ペーター・マッテイ(オネーギン)、アレクセイ・ドルゴフ(レンスキー)、エレーナ・マクシモワ(オリガ)、ステファン・コツァン(グレーミン)
MET上演日 2017年4月22日 上映時間:3時間41分(休憩2回)

第1幕 <手紙の場> アンナ・ネトレプコ 


第2幕 アレクセイ・ドルゴフ 

2017年5月8日月曜日

《イドメネオ》上映時間確定のご案内

5月6日(土)より公開のモーツァルト《イドメネオ》の上映時間が約4時間25分(休憩2回)に確定いたしました。
※現地上演により、上映時間が当初の予定より30分長くなりました。ご了承ください。

詳しいタイムスケジュールはこちらです↓

2017年5月7日日曜日

父と子の宿命のドラマを溢れる音楽で導く《イドメネオ》みどころ

加藤浩子(音楽評論家)

父と子の葛藤と自立。これが《イドメネオ》のテーマである。もちろん恋愛もあるけれど、オペラの核心は「父と息子」だ。
「僕は頭も手も第3幕でいっぱいで、僕自身が第3幕になってしまいそうです」。
《イドメネオ》の作曲が大詰めを迎えていた頃、24歳のモーツァルトは、作曲に没頭していたミュンヘンから、生まれ故郷のザルツブルクにいる父レオポルトにこう書き送った。

2017年5月6日土曜日

《イドメネオ》ニューヨーク現地評のご紹介

★★★★★星5つ!マシュー・ポレンザーニは、題名役の王にふさわしい圧倒的な存在感があった。感情が勇ましく高ぶる場面でも、深く思いに沈む場面でも彼の声には説得力がある。アリス・クートは気品のある情熱を溢れ出させていた。
Financial Times

2017年5月5日金曜日

モーツァルト《イドメネオ》視聴

第8作 モーツァルト《イドメネオ》          ※3/24更新

上映期間:2017年5月6日(土)~5月12日(金)
     *東劇のみ 5月19日(金)までの2週間上映
指揮:ジェイムズ・レヴァイン 演出:ジャン=ピエール・ポネル
出演:マシュー・ポレンザーニ(イドメネオ)、アリス・クート(イダマンテ)、エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー(エレットラ)、ネイディーン・シエラ(イリア)
MET上演日:2017年3月25日 上映時間(予定):4時間25分(休憩2回)

第3幕 〈四重唱〉マシュー・ポレンザーニ、アリス・クート、エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー、ネイディーン・シエラ(リハーサルより)


第2幕 〈海から逃れ〉マシュー・ポレンザーニ(リハーサルより)


第1幕 〈心の中に私は感じる〉エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー(リハーサルより)


第1幕 〈お父様、お兄様、さようなら〉ネイディーン・シエラ(リハーサルより)

2017年4月28日金曜日

【名古屋開催!】《エフゲニー・オネーギン》鑑賞&ランチ・レクチャーの会


ランチ&レクチャー付き
《エフゲニー・オネーギン》鑑賞イベント
 IN 名古屋 開催★


ミッドランドスクエア10周年を記念して、METライブビューイング《エフゲニー・オネーギン》の鑑賞前に、ミッドランドスクエア41階にある「ブルーエッジ」にて、ランチとレクチャーがセットになった豪華イベントが決定しました!

今回レクチャーしてくださるのは、中部大学名誉教授の都築正道氏。

オペラ初心者の方もレクチャーを受けた後の観劇なら安心して楽しめます。また、オペラ好きの方は、知識をより深めて作品の真髄に触れることができること間違いなしのスペシャルイベントです!


~《エフゲニー・オネーギン》作品紹介~

 ★イベント詳細はこちら★ 
◆日時:2017520日(
    11:30~19:00

◆場所:ミッドランドスクエア
(41階「ブルーエッジ」→5階ミッドランドスクエアシネマ)

◆レクチャー講師:都築 正道先生
 【講師プロフィール】
 中部大学名誉教授。文学博士。専門はオペラ。
 朝日新聞名古屋本社の音楽評を長年担当。
 愛知県芸術劇場の「オペラ・トーク」や「NHK
 ハイビジョン・オペラ・シアター」などでオペラ
 解説を行う。NHK文化センターや中部大学
 サテライトカレッジなどでオペラ講座の講師
 をしている。

◆会費:8,000円(税込)
(METライブビューイング鑑賞券、レクチャー、ランチ付)


<当日のスケジュール>
11:30 ミッドランドスクエア41F「ブルーエッジ」集合
11:45 レクチャー スタート!!
12:30 ランチ(120分程)
 ↓ 移動
14:45 5Fミッドランドスクエアシネマにて
    《エフゲニー・オネーギン》鑑賞
19:00頃 終了予定

◆お申込み方法の詳細はこちらをご確認ください↓
http://midland-sq-cinema.jp/topics_detail/432

お申込み締切 5/7(日)

写真(C)Ken Howard/Metropolitan Opera












2017年3月31日金曜日

《椿姫》なんば・名古屋は1日2回上映!東劇は1日3回上映!

4月8日(土)より公開の ヴェルディ《椿姫》、なんばと名古屋は1日2回上映、東劇は1日3回上映です!
お仕事帰りにもご覧いただけます!

●なんばパークスシネマ 10:00 / 18:30
●ミッドランドスクエアシネマ 10:00 / 19:30 
●東劇 11:00 / 15:00 / 18:30
その他の劇場

          (C)Ken Howard/Metropolitan Opera

“真実の愛”という夢の美しさと儚さ《椿姫》みどころ

 
林田直樹(音楽ジャーナリスト・評論家)

「一生に一度は観ておきたいオペラ」はたくさんある。
《椿姫》がその中でも特別だという理由を探すならば、一人の女性の生き様を、内面的に凝縮して描いた作品だからではないだろうか。
オペラがオペラたるゆえん、それは歌や音楽がドラマを重層的に描いていることである。複数の主人公たちが、同格の存在感をもって拮抗しあい、その歌声の全体がダイナミックに動いていくことこそが本来の“オペラらしさ”である。 

2017年3月30日木曜日

《椿姫》上映時間確定のご案内

4月8日(土)より公開のヴェルディ《椿姫》の上映時間が約2時間51分(休憩1回)に確定いたしました。

詳しいタイムスケジュールはこちらです↓

2017年3月24日金曜日

ヴェルディ《椿姫》視聴

第7作 ヴェルディ《椿姫》              ※3/24更新

上映期間:2017年4月8日(土)~4月14日(金)
指揮:二コラ・ルイゾッティ 演出:ヴィリー・デッカー
出演:ソニア・ヨンチェヴァ(ヴィオレッタ・ヴァレリー)、マイケル・ファビアーノ(アルフレード・ジェルモン)、トーマス・ハンプソン(ジョルジョ・ジェルモン)
MET上演日:2017年3月11日 上映時間(予定):2時間45分(休憩1回)

第2幕 〈私を愛して、アルフレード〉ソニア・ヨンチェヴァ、マイケル・ファビアーノ
(リハーサルより)


第3幕 〈さようなら、過ぎ去った日々よ〉ソニア・ヨンチェヴァ(リハーサルより)

2017年3月10日金曜日

~METの水の精~《ルサルカ》みどころ

堀内修(音楽評論家)

月の輝く夜に、木々に囲まれた湖の畔で、水の精を目撃したことがないだろうか?アンデルセンはきっと見た。ドヴォルザークも。そして悲しい恋の顛末を聞いたに違いない。ボヘミアの現在のドヴォルザーク博物館になっている館は、「ヴィラ・ルサルカ」と呼ばれている。裏手に広がる沼沢は、ドヴォルザークが《ルサルカ》作曲のインスピレーションを得たところという。

《ルサルカ》ニューヨーク現地評のご紹介

 
 主演の可憐なソプラノ、クリスティーヌ・オポライスが率いる最強のキャスト陣。彼女は、艶のある歌声を響かせ、胸が締め付けられるほど繊細な演唱を披露した。おとぎ話「人魚姫」のオペラ版となるこの舞台は、衝撃的とも言えるほど闇のある、官能的なドラマになっている。メアリー・ジマーマンはMETで演出家としての真価を存分に発揮し、マーク・エルダーの指揮は燃え立つような演奏を引き出した。
―New York Times 

2017年3月9日木曜日

《ルサルカ》の上映時間確定のご案内

3月18日(土)より公開のドヴォルザーク《ルサルカ》新演出の上映時間が約3時間53分(休憩2回)に確定いたしました。

詳しいタイムスケジュールはこちらです↓


2017年2月22日水曜日

《ロメオとジュリエット》なんば・名古屋は1日2回上映!

2月25日(土)より公開の グノー《ロメオとジュリエット》、なんば と 名古屋は1日2回上映です!

●なんばパークスシネマ 10:00/18:30
●ミッドランドスクエアシネマ 10:00/18:00
●東劇 11:00/15:00/19:00
その他の劇場


2017年2月16日木曜日

《ロメオとジュリエット》ニューヨーク現地評のご紹介

カリスマ性を持つエキサイティングな主演二人は役に成りきり 、燃えるような官能性と情熱的なリリシズムに満ちた演唱でお互いを焚きつけた。二人の熱演は、期待を裏切らないジャナンドレア・ノセダ氏の、繊細で陰影に富んだエネルギッシュな指揮に後押しされた。
―ニューヨーク・タイムズ